先日、女子サッカーのワールドカップがあり、アメリカが見事2連覇を果たしました。今回のワールドカップでは、残念ながら日本はベスト16で準優勝のオランダに敗退しましたが、今大会は女子サッカー界で、女子アスリートに対する大きな動きのあったイベントでもありました。例えば、今回優勝したアメリカは、優勝が4回目なのに対し、男子アメリカは1930年代に銅メダルを勝ち取ったのみで、それ以降メダルの取れている成績はありません。それなのにも関わらず、男子の方が女子よりもお給料が高いと言う事で、今大会アメリカ女子代表の多くが訴えかけました。このことから他の国でもどれだけ女子サッカーは無視されているのかと言う事も問題...